カードローンの初回返済日の注意点

カードローンの審査に通って、無事に借り入れができた場合、次に気にしなければいけないのが初回の返済日です。

カードローンでは毎月1回ずつ返済していくことになりますが、返済日(約定日)は消費者金融によって異なります。また、借り入れのタイミングによっては、同月に返済がスタートすることもあるので要注意です。

例えば、返済の約定日が毎月25日と決まっている場合、9日に借り入れをすると同じ月の25日から返済がスタートし、10日以降に借り入れを行うと初回返済日は翌月の25日となる、という風に、返済開始までの日数に開きが出てくる場合もあります。急いで借りる必要がないなら、初回返済日を確認してから借り入れする日を決めた方が無理なく返済できます。

キャッシングはカードローンはいくら融資してくれるか

キャッシングやカードローンのサービスを提供する金融業者のホームページをみれば、融資限度額は数百万円までとなっているような記載を見ることは珍しくありません。キャッシングやカードローンを利用したい人は限度額を見て、それならキャッシングやカードローンを申し込もうを考える人も少なくないと考えられますが、その金融業者を初めて利用するという人は多額の利用限度額が認められることはまずないと思っておきましょう。

これは金融業者のほとんどがそうであり、キャッシングやカードローンで多額の融資額を申し込んでもたいていは10万円かその近辺の金額が融資額となります。金融業者でクレジットヒストリーを重ねていくうちに利用限度額は上がっていきます。

キャッシングの手数料は節約できる?

コンビニに設置されているATMなどを利用した際に発生する手数料。

頻繁に利用しているとその分だけかさんでしまうことになるこの手数料は、キャッシングの際にも発生している場合があります。

キャッシングを利用している方はお金に関してシビアに考えているかたも少なくないため、できることなら手数料も無料に越したことはないはずです。

キャッシングの手数料は無人契約機と一緒に設置されている専用のATMを利用することで手数料を支払わずにキャッシングをすることができます。

またネットからの借り入れや返済に力を入れているプロミスでは、ネットを使った振込キャッシングなどのサービスを利用することで手数料を無料にすることを可能にしています。

手数料を無料にしてくれるサービスは取組みやすい部分でもあるのか、銀行カードローンをはじめ消費者金融のサービスとしても条件次第で行われている会社が散見されるので、ただ単に便利だからという理由で借り入れや返済にコンビニATMを利用する前に各金融機関のホームページなどをチェックし、お得なサービスがないかどうか確認してみましょう。

少しの工夫次第で費用を節約できるサービスを実施している金融機関は少なくありません。

キャッシングの利用限度額を増額申込みをするメリット

キャッシングを利用している会社から、利用限度額増額申し込みの案内が送られてくることがあります。今のままで十分だと考えている人は、増額申し込みの案内はじゃまなものだと考えているかもしれません。しかし、そのような人でも申し込みを検討するべきメリットがあります。

キャッシングでお金を借りたら、返済額は借入金額と金利を合わせた支払いますが、利用限度額を増やすと金利が安くなる可能性があります。キャッシング会社のホームページを調べてみると金利に幅があるのが分かります。例えば、5%から18%となっている場合には、利用限度額が低いと18%に近い金利になり、限度額が高いと5%に近くなります。多くのキャッシング会社は利用限度額の多い人に対して有利な金利に設定しています。使っている金額が少なくて増額には興味がないという人でも、金利を安くするために申請を検討する価値があります。

利用限度額の増額には、審査を受ける必要があります。利用実績と信用情報を調べられます。利用実績とは、増額を申請した会社に対してしっかりと期限を守って返済をしているのかなどが審査され、延滞があると不利です。信用情報とは、他社を含めた借入や返済状況の情報です。しっかりと返済している人は審査には通りやすいでしょう。

増額申込方法はインターネットからできるキャッシング会社も増えてきましたので、気軽に申請できます。

即日でキャッシングできるおすすめカードローン会社

毎日の生活では、突然お金が必要になることがありますよね?そこで、カードローンなどでお金を借りるという方法がありますが、すぐに借りることができるのだろうかと不安になる人もいるでしょう。しかし、最近ではすぐにお金を借りることができるカードローン会社が多くなっています。

特に大手のカードローン会社の多くは、即日でもお金を借りることができるので便利です。今日中にお金が必要なときは、キャッシング審査の時間だけではなく、申し込み~融資までの時間も考えてカードローンを選びましょう。これを考えると、消費者金融の大手である「プロミス」や「アコム」がおすすめと言えるでしょう。理由はもちろん審査のスピードが早いからで、即日融資がなんと最短1時間でキャッシングできてしまうからです。

さらに、「プロミス」や「アコム」ではインターネットからの申し込みもできるので、誰にも知られずにすばやくお金を借りることができます。銀行カードローンは即日審査が不可能な場合、即日でお金を借りることができなくなりました。「即日融資可能」と「最短で即日」という言葉では可能性が違ってきて、最短で即日の場合は、次の日以降になる可能性も高い申し込み方法なので気をつけましょう。

専業主婦にはバンクイックがオススメ

最近金融庁から目の敵にされている感のあるのが銀行カードローンです。特にメガバンクのカードローンがその傾向が強く、三菱東京UFJ銀行カードローンであるバンクイックも影響を受けています。例えば阿部寛のCMが全く放送されなくなり、50万円以上の借入から収入証明書の提出が必要となりました。今後は即日融資も不可能となるなど、利便性はやや下がることも考えられます。

それでもバンクイックの借りやすさは他のカードローンより一歩進んでいると言えます。融資限度額は標準的の500万円ですが、総量規制の対象外なので年収の3分の1までしか借りられないという制限がありません。400万円~500万円の融資限度額での適用金利は年1.8~6.1%とおまとめや借り換えにもピッタリです。この総量規制の対象外というのは金利庁の横やりが入っても死守するとのことなので安心です。

なぜなら総量規制は専業主婦に大きく関係してきます。バンクイックは現在専業主婦でも30万円までは利用できます。もちろんご主人の許可は必要ないので奥様名義で内緒で借りられます。今後テレビ窓口での契約でも即日融資はできなくなったとしても、この点は変更ないので専業主婦には大変ありがたいカードローンなのです。

限度額ありますから考えて借りましょう!

よく、キャッシング会社のうたい文句で『貸し付け最高○○万円まで!』なんて書いてあるのを見ますよね?

最初、見た時『そんなに貸してくれるの?』と思ってしまいました(笑)その謎は自分がキャッシング会社を

利用する時に解けました(笑)

『生活費が足りない!』となった時に以前プロミスさんにお世話になった時の事です。無人契約機におもむき

契約するために個人情報をポチポチと打ち込んでいきます。すると自分の収入に見合った貸付の限度額が提示

されます。それで大丈夫ならば契約しますよ~という事なのです…まあ収入に見合っていなければ返済も滞り

ますからキャッシング会社としては当然ですよね(笑)

ちなみにパートだった私は限度額30万円まででした。でもこれだけ上限で借りれれば私としては生活費が足り

したから助かりました。審査も簡単で仕事場に『○○さんいますか~?』程度の所在確認なので自分が『お金

を借りている』というのは周りの人に知られる事はありません。別段悪い事をしている訳ではないのですが、

何となく『後ろめたい』気持ちがあるのは確かです(笑)でも無人契約機だと人にも会わないでコッソリ契約したり

返済もできますので安心です!

貸付金額は自分の収入と見合った金額になってますので、よく考えてから借りましょうね!

キャッシングより質屋のほうがいいという方の条件

質屋には、キャッシングにはない利点も存在しますが、どんな条件がそろっていると質屋のほうが利用しやすいのでしょうか?

まず、一番の前提としては高額な品物を持っていることです。
ブランドバックや高級時計など持っているだけで後学で換金できる可能性があるもので白ら、担保価値もあり借入も後学の値段がすぐに借入できます。
そもそも、物がなければ契約が出来ませんので、高価な品物を持っているのは大前提です。
持ち主自身に信用がないような状況であったとしても、物というものに大きな価値を有していれば、個人の信用というのはほとんど問題になりませんので信用がない人には大変助かるのです。

信用情報を傷つけない面もありますので、借入件数が多かったり、今後ローンを組む予定があるので出来れば借入件数はないほうがいいといった方にとっては質屋はかなり有効な手段になりえます。

質屋は金利が高いですが、すぐに返済が出来るという当てがある場合には金利負担もほとんどありませんので、一気にお金を借りて返せるあてが十分ならすぐにでも利用していい条件です。

その他にも、借入限度額までお金を借りている人でお金をもっと借りないと厳しいといった事情があるケースには、質屋というのは大変便利なものとなるでしょ。

返済頻度と借り入れ頻度のバランスに注意!バランスが悪いと与信悪化の危険性も!

銀行や消費者金融のカードローンは、利用限度枠内であれば繰り返し利用でき、追加での借り入れも可能です。この点は便利ではあるものの、借り入れ頻度と返済頻度のバランスに注意する必要があります。限度内であれば、何回でも利用は出来るものの、返済額が少なく、借り入れ頻度の方が高くなるほど融資リスクが増加します。結果として、債務超過のリスクが高まり、増額審査が通過し難くなるだけでなく、利用限度枠の減額に繋がる可能性があります。

また、返済したあと直ぐに借り入れをするといった行為を繰り返した場合、家計が自転車操業状態と疑われてしまい、信用度が下がってしまいます。与信状況の悪化により、良くて新規利用の停止、悪くて一括返済という問題に繋がるため、利用する頻度には注意が必要です。

借り入れや返済が多い分だけ、取引情報が多くなり、個人信用情報での信用度が高くなると考えてしまうものの、取引情報をしっかりと確認するケースもあるため、常に注意を払うのが重要なポイントです。

最悪の場合、カードローンだけでなく、クレジットカードの更新にも影響が出てしまい、生活全体に対する影響もあり得ます。先ずは、返済して直ぐ借り入れするという場合は生活水準の見直しを図り、キャッシング依存しない家計に改善することをおすすめします。