銀行カードローン審査の特徴の細分化

銀行カードローンの審査は厳しいと言った話をよく聞くのでは無いでしょうか。銀行カードローンはキャッシングの中の審査構造で一番上に分類される業態です。ただし、銀行カードローンも色々な仕組みで営業をしているわけでは無いので、ここから更に細分化されますので、解説

1.大手銀行カードローン

大手銀行カードローンの内、三菱UFJ銀行はアコム、三井住友銀行はプロミス、みずほ銀行はオリコカードの保証を受けたサービスを行っています。

保証会社に違いがあるとは言っても、大手銀行は金融庁の検査が厳しいため、保証会社の審査に加えて銀行独自の審査も簡単には通してくれないため、審査は厳しい事が予想されます。

2.地方銀行カードローン

地方銀行も低金利の時代、少しでも貸出を増やそうと銀行カードローン業態に参入してきています。サービスに参入当初は大手銀行カードローンよりも顧客基盤を作らなければいけない為、審査に多少色がつけられる可能性はあるでしょう。

ただし、地銀自体、失敗する事を嫌う企業カルチャーですので、影響は限定的です。

3.ネット銀行カードローン

ネット銀行カードローンは銀行によって審査に柔軟な姿勢と予測できます。特に楽天銀行カードローンの保証会社は楽天カードで、どちらも楽天グループの子会社の為審査体制が一本化されやすいでしょう。

その他の会社にも、保証会社を二つ提携するなど、審査に通過しやすい体制を整えている所が多く見られます。

特に拘りが無いのであれば、銀行カードローンはネット銀行系列から探してみるといいかもしれません。金利は其処まで変わらず、審査は容易く通過出来る可能性はあります。

楽天銀行の住宅ローンの特徴について

各種ローンの中でも最も有名なローン商品の一つであり、尚且つ多額のお金を借り入れることとなるので、慎重な契約が必要となるのが住宅ローンとなります。住宅ローンを組む際は契約前に担当者と入念に打ち合わせをして疑問点をなくしておくことや、できるだけ低い金利条件で契約することが重要と考えられるのですが、打ち合わせがしやすく低い金利条件で契約しやすい、おすすめの住宅ローンが楽天銀行の住宅ローンとなります。

楽天銀行の住宅ローンは契約前にSkypeを利用して担当者と打ち合わせができるのですが、打ち合わせは年末年始を除く毎日行うことができますし、時間帯についても9時から22時まで対応してくれるので、忙しい人でも打ち合わせがしやすいのです。

また金利面に関しては、固定特約付きの変動金利とフラット35やフラット35Sといった長期固定金利の2種類が用意されているので、好きな方の選択ができますし、どちらの場合でも金利は業界最安水準となっているので安心して申し込みができます。

日本の三大メガバンクのカードローンのキャッシング金利を比較

日本の三大メガバンクと言えば三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行ですが、3社ともカードローンのサービスを提供しています。

そのため銀行カードローンを利用する場合はこの3社を選択肢に入れる人も多いです。そこで銀行カードローンで気になるのは借り入れの時に加算される利息になるので三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のカードローンの金利を比較してみる事にしましょう。

金利の設定は三菱東京UFJ銀行のカードローンが1.8%~14.6%、三井住友銀行のカードローンが4.0%~14.5%、みずほ銀行のカードローンが4.0%~14.0%となっています。申し込みの時は上限金利が適用されるので上限金利を比較してみると14.0%のみずほ銀行のカードローンが一番低い設定になっています。

そのため金利を重視するならみずほ銀行のカードローンがおすすめです。しかし三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のカードローンが店舗内に設置されている契約機で申し込むと即日融資を受ける事が出来ます。そのため金利の他に融資スピードも重視する場合は三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行のカードローンを利用した方がいいです。

人気の消費者金融5社の金利と融資限度額の比較

現在日本にある大手消費者金融の多くは有名銀行の系列会社となっているので、利用の際に安心感がありますし、低金利かつ高融資限度額での契約も可能となっています。日本で最も有名かつ人気のある消費者金融であるアコム・プロミス・アイフル・モビット・ノーローンの金利と融資限度額について比較をしていきましょう。

・アコム

アコムのカードローンは、実質年率は3.0%?18.0%で最高融資額は800万円となっています。

・プロミス

プロミスのフリーキャッシングは、実質年率が4.5%?17.8%で最高融資額は500万円となっています。

・アイフル

アイフルのキャッシングローンは、実質年率が4.5%?18.0%で最高融資額は500万となっています。

・モビット

モビットカードは、実質年率が3.0%?18.0%で最高融資額は800万円となっています。

・ノーローン

ノーローンのキャッシングは、実質年率が4.9%?18.0%で最高融資額は300万円となっています。

各社の違いをよく理解して、賢くキャッシングをしたいですね。

銀行のキャッシングの金利も10%台で低金利ではないので借り方に注意

キャッシングを利用する時は銀行のカードローンと消費者金融のどちらかを選択して利用する事になりますが、金利を重視する場合は消費者金融より金利が低く設定されている銀行のカードローンを利用するという選択をする人が多いです。銀行のカードローンは低金利と言われているので返済するのも消費者金融より負担が少ないと言われています。しかし低金利という言葉に安心してしまうと返済が大変になってしまう事もあるので注意しなければいけません。

銀行のカードローンの上限金利は14~15%の間に設定されていて消費者金融の18%より大幅に低いので低金利と言われています。しかし冷静に考えてみると10%台の金利というのはどちらかと言えば高い金利設定と言えます。そのため銀行のカードローンを利用する時でも多額の借り入れをしたり長期に渡る返済をしてしまうとそれなりに利息が加算されてしまうので返済が大変になってしまいます。返済が大変なると延滞してしまう可能性もあるので注意して借り入れをしましょう。

イメージとは違うこともあるキャッシングの金利

消費者金融のキャッシングは便利だが利息が高い、というイメージを持っている人は多いでしょう。一方で銀行のカードローンなら低金利で安心、と感じている人も多いはずです。これは確かにその通りと言える部分もあるのですが、グレーゾーン金利が違法とされる現在では、銀行のカードローンも消費者金融のキャッシングもそれほど変わらないサービスになりつつあります。消費者金融も今は利息制限法の範囲内で金利を設定していますので、一概に高いとは言えません。銀行は相対的に消費者金融より低金利ですが、中には利息制限法の上限に近い金利を設定しているところもありますので、イメージだけで選んでしまうのは早計です。

消費者金融と銀行は、個人向け融資サービスに関してはいわばライバル関係にあります。金利やイメージでは銀行に軍配が上がるものの、即日融資や無金利キャンペーンなどのサービスは消費者金融のほうが一歩も二歩もリードしています。両方のカードを持っておいて、用途によって使い分けている賢明な人も多くいます。

毎日の生活の喜び。

わたしは、一心に厚手の鍋でミートソースパスタを作ります。私のミート原点は、ひき肉に、その時に起こる野菜を入れてケチャップで味付け講じるだけですが、どうにも美味しいだ。野菜の数でテーストが変化するので興味深いだ。
わたしは、なかには、魚のお刺身を買います。サパーなどに出して、残余はフライパンで炒めて、お弁当に入れたりする。お刺身用の魚介チックは新鮮なので、炒めても美味しいだ。
魚介チックを炒めるときは、従前天ぷらなどで残る古油を用いました。古油は極力早めに使いますが、ダシが出ているのでおいしい油だ。済ませので風味取り付けには、バターがオススメです。
うちには1年の子どもがいるので、別途テレビジョンで、養育番組を見ます。各種トピックの養育番組があるので、面白く見ながら勉強しています。これからの養育に生かしたいだ。