消費者金融の様々な申し込みについて

消費者金融のキャッシング及びカードローンを利用する為には申し込み、審査、融資という流れになっています。申し込みは様々な方法がありますが、それぞれの特徴を踏まえて、一番利用しやすい方法で申し込みを行いましょう。現在ではパソコンやスマートフォンを利用してインターネット経由で申し込む方が多いようです。この申し込み方のメリットとしては、24時間いつでもどこでも申し込みが可能なので、自分の生活のペースを乱さずにキャッシングやカードローンを申し込むことができるということです。

また必要な書類等は、メールやアプリを利用して提出することができるのも便利なポイントの一つではないでしょうか。また根強い人気がある申し込み方法としては、無人契約機を利用した申し込み方法があります。無人契約機を利用するメリットとしては、カード等の発行もその場で行うことができるので、すぐに利用することが可能になる点です。インターネットからカードローンを申し込んだ場合は、郵送されて来るまでに時間が必要になるので、急いでカードが欲しい方にとっては、ベストな申し込み方法では無いでしょうか。どちらの方法でも即日融資は可能ですが、申し込みのタイミングによっては翌日になる場合もあるので、注意して申し込んでください。

ローンの借り換え後や完済後、にしっかりと利息の再計算を依頼するべし!

キャッシング契約を継続する際、毎月の返済で利息が発生しています。殆どの銀行カードローンや消費者金融カードローンで、返済額を前月度の利用残高で計算しています。しかし、余裕のある月に任意返済すなわち繰り上げ返済をしたり、纏まった現金が入った際に一括返済を行うと利息の払い過ぎが生じてしまいます。カードローンやフリーローンを完済すると毎月の返済金額が千円単位となるため、端数となった現金を返金していますが払い過ぎている利息も必ず発生します。

例えば、1ヶ月の間に2回返済を行うと利息は2回とも同じ金額であり、本来であれば1回目の返済が行われた上で利息の再計算を行い、2回目の返済の利息は減額される必要があります。しかし、現実は同じ利息を請求してしまうため、繰り上げ返済を繰り返すことで高い利息を何度も払うということになります。そこで、カードローンは完済した後、速やかに払い過ぎた利息を取り戻すのが重要となります。どれだけの利息が発生しているのかは、司法書士の無料相談で再計算を行っているため、高額な借り入れ程、利息の払戻金は大きくなります。また、例え100万円を借り入れして、払い過ぎた利息が1万円だったとしても本来は返済する必要がない金額となるため、回収するのが妥当です。簡単に考えれば、元本が100万円ではなく99万円になるとの同一です。

女性にもおすすめの楽天銀行カードローンとは

女性の社会進出が飛躍的に進んだこともあり、最近では生活向上のためにカードローンやキャッシングサービスを利用したいと考える女性は非常に多くなりました。

現代社会には数多くのローン商品があるわけですが、逆に数が多すぎるために、初めてフリーローンの申し込みをしようと考える女性であれば、どの会社のどの商品を選べばよいのか迷ってしまうということも少なからずあることでしょう。

そんな初めてカードローンを利用するという女性にもおすすめなのが楽天銀行カードローンです。同サービスの詳細について見ていきましょう。

・申し込みがしやすい

インターネット銀行の商品ですから、申込は原則インターネットから行うことになります。契約の際に必要となる書類についてもインターネットから提出できるので、来店不要で契約ができるという強みがあるのです。忙しくて金融機関に足を運ぶ時間が取れないという人でも申込ができますし、来店する姿を他人に見られてしまうというリスクとも無縁なのです。

・多くの人が申し込みできる

楽天銀行カードローンは、正社員でなくても毎月安定した収入と返済能力があれば、契約社員やパート社員でも申し込みが可能となっています。

さらには申込者本人に安定した収入がない場合でも配偶者に安定した収入があれば申込可能となっているのです。専業主婦など申込者本人に安定した収入がない場合、消費者金融のキャッシングは申込不可となっているケースが一般的ですが、楽天銀行カードローンは専業主婦でも契約可能となっているのです。

比較的通りやすい事が多い中小規模の会社

消費者金融で借りる時には、必ず様々な確認は行われます。金融会社が申込者の所得などを総合的に確認した上で、問題無いと判定が下されると、入金される流れです。

しかし賃金業者による審査は、それぞれ違いもあります。基準が比較的厳しい会社もあれば、そうでない所もある訳です。そして、実はそれは金融会社の規模と大きな関係があります。

そもそも金融会社には、様々な規模があるでしょう。中小規模や大企業など、様々なタイプがある事は間違いありません。それで借りようと考える方々は、しばしば前者に着目しているわけです。

というのも中小規模の賃金業者の場合は、大企業と比べると、比較的柔軟に確認を行う傾向があります。大企業よりも通りやすい訳です。多少件数が多めでも、比較的簡単に通っている事例もあります。したがってなかなか通らない時などは、ちょっと中小規模の賃金業者に着目してみるのも一法でしょう。ただし本人書類などは複数求められる事が多いですから、事前に確認しておくと良いです。

消費者金融は即日でお金を貸してくれる

最近の消費者金融は即日でお金を貸してもらうことが可能になっています。昔はそれが売りの一つであったわけですが、今では当たり前のサービスになっているといっても過言ではないでしょう。さすがにかなり競争が厳しい業界ですから、多くの場合、即日が当たり前のサービスになっているのです。

そうした意味では非常にお勧め出来る資金の調達方法であるといえます。あくまで借金ではありますがそれでも資金源として期待できるのは確かでしょう。しかし、あくまで借りる時には必要になってくる書類が多くあります。その場合、即日とは出来ないことが多くありますから、注意しておきましょう。

それこそが重要なことになりますから、まずは覚えておきましょう。まず、確実に必要になってくるのがなんといっても身分証になります。出来れば運転免許証がよいでしょう。これだけでも十分ではあるのですが更に住民票などがありますと非常に助かることがあるでしょう。

とにかく、自分のことを証明する必要がありますから、なかなか面倒ではあるのです。後は公共料金の支払い票などもよいでしょう。これで住所を証明することができるからです。加えて、念のため、源泉徴収票ももって行きましょう。

アルバイトでもキャッシングは可能であるのか

お金を借りることには、信用が必要になります。それは収入であり、或いは雇用形態などであることがあります。つまりは、これは安定しているのかどうか、ということです。ですが、そこまで極端にそうしたことが必要になるわけではないのがキャッシングになります。キャッシングサービスであれば、アルバイトでも借りることは可能でしょう。

在籍確認をされることになりますがそれでも十分に借りることはできるでしょう。お金を借りる、という行為に関してはかなり慎重になったほうがよいです。特にアルバイトであれば収入が不安定でしょうから、それがなかなか厳しいことになります。それでもとりあえず借りることができるのは確かです。もちろん、他から借りていない、ということが最低条件でもあります。借りていても問題はないことがありますが、それでも十分に知っておくべきこととして他社から借りていると借り難いとなるでしょう。別にこれはアルバイトに限ったことではないです。

モビットのキャッシングのメリットとは!?

消費者金融などでキャッシングの契約申込をした場合、100%と言っても過言では無いほどの確率で在籍確認の電話がかかってきます。この電話は担当者の個人名でかかってくるので、電話の取次をして貰う場合でも会社の人に感づかれるリスクは非常に低いといえます。しかし職場に電話がかかってきては困るという人は世の中におおぜいいると考えられるわけですが、このような考えを持つ人が人が安心してキャッシング契約に申し込みをする場合にはどうすればよいのでしょうか?

実は、三井住友銀行グループのキャッシング会社であるモビットのキャッシングならば、web完結申込という方法で申し込みをすることで在籍確認の電話を省略してキャッシング契約をすることができます。

モビットのweb完結申込では通常のキャッシング契約よりも多くの審査書類を提出することで、在籍確認の電話に代えているのです。

通常のモビットカードの申し込みであれば、本人確認書類と収入証明書類が必要な審査書類となっていますが、web完結申込の場合はこれらの書類に加えて、社会保険証もしくは組合保険証の写し、それに直近一ヶ月分の給与明細書の写しが必要となります。

さらに借りたお金の返済方法は口座振替に限られ、返済用の口座として三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必要となります。

これらの書類等を揃えてインターネットからweb完結申込を行うことで、職場に電話がかかって来ずにキャッシングの契約ができるので、職場に電話がかかってくるのは困る、という人であれば、この方法でモビットのキャッシングに申し込みをすることをおすすめします。

銀行カードローン審査の特徴の細分化

銀行カードローンの審査は厳しいと言った話をよく聞くのでは無いでしょうか。銀行カードローンはキャッシングの中の審査構造で一番上に分類される業態です。ただし、銀行カードローンも色々な仕組みで営業をしているわけでは無いので、ここから更に細分化されますので、解説

1.大手銀行カードローン

大手銀行カードローンの内、三菱UFJ銀行はアコム、三井住友銀行はプロミス、みずほ銀行はオリコカードの保証を受けたサービスを行っています。

保証会社に違いがあるとは言っても、大手銀行は金融庁の検査が厳しいため、保証会社の審査に加えて銀行独自の審査も簡単には通してくれないため、審査は厳しい事が予想されます。

2.地方銀行カードローン

地方銀行も低金利の時代、少しでも貸出を増やそうと銀行カードローン業態に参入してきています。サービスに参入当初は大手銀行カードローンよりも顧客基盤を作らなければいけない為、審査に多少色がつけられる可能性はあるでしょう。

ただし、地銀自体、失敗する事を嫌う企業カルチャーですので、影響は限定的です。

3.ネット銀行カードローン

ネット銀行カードローンは銀行によって審査に柔軟な姿勢と予測できます。特に楽天銀行カードローンの保証会社は楽天カードで、どちらも楽天グループの子会社の為審査体制が一本化されやすいでしょう。

その他の会社にも、保証会社を二つ提携するなど、審査に通過しやすい体制を整えている所が多く見られます。

特に拘りが無いのであれば、銀行カードローンはネット銀行系列から探してみるといいかもしれません。金利は其処まで変わらず、審査は容易く通過出来る可能性はあります。

楽天銀行の住宅ローンの特徴について

各種ローンの中でも最も有名なローン商品の一つであり、尚且つ多額のお金を借り入れることとなるので、慎重な契約が必要となるのが住宅ローンとなります。住宅ローンを組む際は契約前に担当者と入念に打ち合わせをして疑問点をなくしておくことや、できるだけ低い金利条件で契約することが重要と考えられるのですが、打ち合わせがしやすく低い金利条件で契約しやすい、おすすめの住宅ローンが楽天銀行の住宅ローンとなります。

楽天銀行の住宅ローンは契約前にSkypeを利用して担当者と打ち合わせができるのですが、打ち合わせは年末年始を除く毎日行うことができますし、時間帯についても9時から22時まで対応してくれるので、忙しい人でも打ち合わせがしやすいのです。

また金利面に関しては、固定特約付きの変動金利とフラット35やフラット35Sといった長期固定金利の2種類が用意されているので、好きな方の選択ができますし、どちらの場合でも金利は業界最安水準となっているので安心して申し込みができます。