日本の三大メガバンクのカードローンのキャッシング金利を比較

日本の三大メガバンクと言えば三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行ですが、3社ともカードローンのサービスを提供しています。

そのため銀行カードローンを利用する場合はこの3社を選択肢に入れる人も多いです。そこで銀行カードローンで気になるのは借り入れの時に加算される利息になるので三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のカードローンの金利を比較してみる事にしましょう。

金利の設定は三菱東京UFJ銀行のカードローンが1.8%~14.6%、三井住友銀行のカードローンが4.0%~14.5%、みずほ銀行のカードローンが4.0%~14.0%となっています。申し込みの時は上限金利が適用されるので上限金利を比較してみると14.0%のみずほ銀行のカードローンが一番低い設定になっています。

そのため金利を重視するならみずほ銀行のカードローンがおすすめです。しかし三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のカードローンが店舗内に設置されている契約機で申し込むと即日融資を受ける事が出来ます。そのため金利の他に融資スピードも重視する場合は三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行のカードローンを利用した方がいいです。

人気の消費者金融5社の金利と融資限度額の比較

現在日本にある大手消費者金融の多くは有名銀行の系列会社となっているので、利用の際に安心感がありますし、低金利かつ高融資限度額での契約も可能となっています。日本で最も有名かつ人気のある消費者金融であるアコム・プロミス・アイフル・モビット・ノーローンの金利と融資限度額について比較をしていきましょう。

・アコム

アコムのカードローンは、実質年率は3.0%?18.0%で最高融資額は800万円となっています。

・プロミス

プロミスのフリーキャッシングは、実質年率が4.5%?17.8%で最高融資額は500万円となっています。

・アイフル

アイフルのキャッシングローンは、実質年率が4.5%?18.0%で最高融資額は500万となっています。

・モビット

モビットカードは、実質年率が3.0%?18.0%で最高融資額は800万円となっています。

・ノーローン

ノーローンのキャッシングは、実質年率が4.9%?18.0%で最高融資額は300万円となっています。

各社の違いをよく理解して、賢くキャッシングをしたいですね。

銀行のキャッシングの金利も10%台で低金利ではないので借り方に注意

キャッシングを利用する時は銀行のカードローンと消費者金融のどちらかを選択して利用する事になりますが、金利を重視する場合は消費者金融より金利が低く設定されている銀行のカードローンを利用するという選択をする人が多いです。銀行のカードローンは低金利と言われているので返済するのも消費者金融より負担が少ないと言われています。しかし低金利という言葉に安心してしまうと返済が大変になってしまう事もあるので注意しなければいけません。

銀行のカードローンの上限金利は14~15%の間に設定されていて消費者金融の18%より大幅に低いので低金利と言われています。しかし冷静に考えてみると10%台の金利というのはどちらかと言えば高い金利設定と言えます。そのため銀行のカードローンを利用する時でも多額の借り入れをしたり長期に渡る返済をしてしまうとそれなりに利息が加算されてしまうので返済が大変になってしまいます。返済が大変なると延滞してしまう可能性もあるので注意して借り入れをしましょう。

イメージとは違うこともあるキャッシングの金利

消費者金融のキャッシングは便利だが利息が高い、というイメージを持っている人は多いでしょう。一方で銀行のカードローンなら低金利で安心、と感じている人も多いはずです。これは確かにその通りと言える部分もあるのですが、グレーゾーン金利が違法とされる現在では、銀行のカードローンも消費者金融のキャッシングもそれほど変わらないサービスになりつつあります。消費者金融も今は利息制限法の範囲内で金利を設定していますので、一概に高いとは言えません。銀行は相対的に消費者金融より低金利ですが、中には利息制限法の上限に近い金利を設定しているところもありますので、イメージだけで選んでしまうのは早計です。

消費者金融と銀行は、個人向け融資サービスに関してはいわばライバル関係にあります。金利やイメージでは銀行に軍配が上がるものの、即日融資や無金利キャンペーンなどのサービスは消費者金融のほうが一歩も二歩もリードしています。両方のカードを持っておいて、用途によって使い分けている賢明な人も多くいます。