銀行カードローン審査の特徴の細分化

銀行カードローンの審査は厳しいと言った話をよく聞くのでは無いでしょうか。銀行カードローンはキャッシングの中の審査構造で一番上に分類される業態です。ただし、銀行カードローンも色々な仕組みで営業をしているわけでは無いので、ここから更に細分化されますので、解説

1.大手銀行カードローン

大手銀行カードローンの内、三菱UFJ銀行はアコム、三井住友銀行はプロミス、みずほ銀行はオリコカードの保証を受けたサービスを行っています。

保証会社に違いがあるとは言っても、大手銀行は金融庁の検査が厳しいため、保証会社の審査に加えて銀行独自の審査も簡単には通してくれないため、審査は厳しい事が予想されます。

2.地方銀行カードローン

地方銀行も低金利の時代、少しでも貸出を増やそうと銀行カードローン業態に参入してきています。サービスに参入当初は大手銀行カードローンよりも顧客基盤を作らなければいけない為、審査に多少色がつけられる可能性はあるでしょう。

ただし、地銀自体、失敗する事を嫌う企業カルチャーですので、影響は限定的です。

3.ネット銀行カードローン

ネット銀行カードローンは銀行によって審査に柔軟な姿勢と予測できます。特に楽天銀行カードローンの保証会社は楽天カードで、どちらも楽天グループの子会社の為審査体制が一本化されやすいでしょう。

その他の会社にも、保証会社を二つ提携するなど、審査に通過しやすい体制を整えている所が多く見られます。

特に拘りが無いのであれば、銀行カードローンはネット銀行系列から探してみるといいかもしれません。金利は其処まで変わらず、審査は容易く通過出来る可能性はあります。