消費者金融はアルバイトの方でも大丈夫

カードローンには、消費者金融と銀行が提供する商品があります。どちらも年齢が満20歳以上で、安定継続した収入があれば借りられます。安定継続した収入というのは何も正社員に限定されることはなく、パートやアルバイトの方でも大丈夫です。さらにアルバイトをしている学生でも、ほとんどの金融機関で申し込めるのです。

しかしパートやアルバイトの方は、正社員に比べて審査に通りにくく、融資限度額も少なくなってしまいます。特に消費者金融なら、総量規制の対象となっており、年収の3分1までしか借りられないと貸金業法で定められているのです。

パートやアルバイトの方が審査に通る目安としては、勤続年数が1年以上や月収5万円以上というところです。さらにお住まいが持ち家なら審査通過率がアップします。消費者金融なら他社から借り入れがない限り、それほど心配することはないでしょう。もし審査に不安があるなら、パートやアルバイトの方でも中小の消費者金融なら審査通過率がよりアップします。ほとんど場合10万円前後の少額借り入れとなりますが、大手消費者金融でも実質借りられる金額はそれほど変わりません。さらに金利も10万円未満なら年20%となりますが、10万円以上なら年18%と大手と変わらないので心配いりません。もしお金が必要なら、とにかく借りられることが重要です。

アルバイトでもキャッシングは可能であるのか

お金を借りることには、信用が必要になります。それは収入であり、或いは雇用形態などであることがあります。つまりは、これは安定しているのかどうか、ということです。ですが、そこまで極端にそうしたことが必要になるわけではないのがキャッシングになります。キャッシングサービスであれば、アルバイトでも借りることは可能でしょう。

在籍確認をされることになりますがそれでも十分に借りることはできるでしょう。お金を借りる、という行為に関してはかなり慎重になったほうがよいです。特にアルバイトであれば収入が不安定でしょうから、それがなかなか厳しいことになります。それでもとりあえず借りることができるのは確かです。もちろん、他から借りていない、ということが最低条件でもあります。借りていても問題はないことがありますが、それでも十分に知っておくべきこととして他社から借りていると借り難いとなるでしょう。別にこれはアルバイトに限ったことではないです。