キャッシングの申込みなどについて

キャッシングサービスは個人に対して貸してくれる金融サービスになります。少額小口融資といえるでしょう。しかし、少額といっても、それは比べているのが目的ローンなわけであり、キャッシングでも100万円くらいまで借りることができる可能性はあります。しかし、まずはとにかくしっかりと申請をすることです。ですから、それなりにキャッシングサービスでもそこそこの金額が借りることができるようになるでしょう。ですが申し込みのときには色々と書類などを揃える必要性があります。まずは身分証明が必要になります。運転免許証などを持っていきましょう。

住所が確認できるほかの書類が求められることもあります。更に言えば、収入証明を求められることもありますから、そちらもできれば用意しておきましょう。一社で50万円以上、複数社含めて100万円以上になるときには収入証明が必要になります。それを目安に準備していくことです。申込み自体は簡単にできますが審査に通過するのかどうか、というのはさすがに人によって違います。ですがそれでもまず気軽に借りることができる金融サービスといえますし、いざという時には助かることでしょう。いつでも使えるようにしておくべきです。

アルバイトでもキャッシングは可能であるのか

お金を借りることには、信用が必要になります。それは収入であり、或いは雇用形態などであることがあります。つまりは、これは安定しているのかどうか、ということです。ですが、そこまで極端にそうしたことが必要になるわけではないのがキャッシングになります。キャッシングサービスであれば、アルバイトでも借りることは可能でしょう。

在籍確認をされることになりますがそれでも十分に借りることはできるでしょう。お金を借りる、という行為に関してはかなり慎重になったほうがよいです。特にアルバイトであれば収入が不安定でしょうから、それがなかなか厳しいことになります。それでもとりあえず借りることができるのは確かです。もちろん、他から借りていない、ということが最低条件でもあります。借りていても問題はないことがありますが、それでも十分に知っておくべきこととして他社から借りていると借り難いとなるでしょう。別にこれはアルバイトに限ったことではないです。

モビットのキャッシングのメリットとは!?

消費者金融などでキャッシングの契約申込をした場合、100%と言っても過言では無いほどの確率で在籍確認の電話がかかってきます。この電話は担当者の個人名でかかってくるので、電話の取次をして貰う場合でも会社の人に感づかれるリスクは非常に低いといえます。しかし職場に電話がかかってきては困るという人は世の中におおぜいいると考えられるわけですが、このような考えを持つ人が人が安心してキャッシング契約に申し込みをする場合にはどうすればよいのでしょうか?

実は、三井住友銀行グループのキャッシング会社であるモビットのキャッシングならば、web完結申込という方法で申し込みをすることで在籍確認の電話を省略してキャッシング契約をすることができます。

モビットのweb完結申込では通常のキャッシング契約よりも多くの審査書類を提出することで、在籍確認の電話に代えているのです。

通常のモビットカードの申し込みであれば、本人確認書類と収入証明書類が必要な審査書類となっていますが、web完結申込の場合はこれらの書類に加えて、社会保険証もしくは組合保険証の写し、それに直近一ヶ月分の給与明細書の写しが必要となります。

さらに借りたお金の返済方法は口座振替に限られ、返済用の口座として三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必要となります。

これらの書類等を揃えてインターネットからweb完結申込を行うことで、職場に電話がかかって来ずにキャッシングの契約ができるので、職場に電話がかかってくるのは困る、という人であれば、この方法でモビットのキャッシングに申し込みをすることをおすすめします。

銀行のキャッシングの金利も10%台で低金利ではないので借り方に注意

キャッシングを利用する時は銀行のカードローンと消費者金融のどちらかを選択して利用する事になりますが、金利を重視する場合は消費者金融より金利が低く設定されている銀行のカードローンを利用するという選択をする人が多いです。銀行のカードローンは低金利と言われているので返済するのも消費者金融より負担が少ないと言われています。しかし低金利という言葉に安心してしまうと返済が大変になってしまう事もあるので注意しなければいけません。

銀行のカードローンの上限金利は14~15%の間に設定されていて消費者金融の18%より大幅に低いので低金利と言われています。しかし冷静に考えてみると10%台の金利というのはどちらかと言えば高い金利設定と言えます。そのため銀行のカードローンを利用する時でも多額の借り入れをしたり長期に渡る返済をしてしまうとそれなりに利息が加算されてしまうので返済が大変になってしまいます。返済が大変なると延滞してしまう可能性もあるので注意して借り入れをしましょう。

イメージとは違うこともあるキャッシングの金利

消費者金融のキャッシングは便利だが利息が高い、というイメージを持っている人は多いでしょう。一方で銀行のカードローンなら低金利で安心、と感じている人も多いはずです。これは確かにその通りと言える部分もあるのですが、グレーゾーン金利が違法とされる現在では、銀行のカードローンも消費者金融のキャッシングもそれほど変わらないサービスになりつつあります。消費者金融も今は利息制限法の範囲内で金利を設定していますので、一概に高いとは言えません。銀行は相対的に消費者金融より低金利ですが、中には利息制限法の上限に近い金利を設定しているところもありますので、イメージだけで選んでしまうのは早計です。

消費者金融と銀行は、個人向け融資サービスに関してはいわばライバル関係にあります。金利やイメージでは銀行に軍配が上がるものの、即日融資や無金利キャンペーンなどのサービスは消費者金融のほうが一歩も二歩もリードしています。両方のカードを持っておいて、用途によって使い分けている賢明な人も多くいます。