日本の三大メガバンクのカードローンのキャッシング金利を比較

日本の三大メガバンクと言えば三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行ですが、3社ともカードローンのサービスを提供しています。

そのため銀行カードローンを利用する場合はこの3社を選択肢に入れる人も多いです。そこで銀行カードローンで気になるのは借り入れの時に加算される利息になるので三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のカードローンの金利を比較してみる事にしましょう。

金利の設定は三菱東京UFJ銀行のカードローンが1.8%~14.6%、三井住友銀行のカードローンが4.0%~14.5%、みずほ銀行のカードローンが4.0%~14.0%となっています。申し込みの時は上限金利が適用されるので上限金利を比較してみると14.0%のみずほ銀行のカードローンが一番低い設定になっています。

そのため金利を重視するならみずほ銀行のカードローンがおすすめです。しかし三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のカードローンが店舗内に設置されている契約機で申し込むと即日融資を受ける事が出来ます。そのため金利の他に融資スピードも重視する場合は三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行のカードローンを利用した方がいいです。