銀行のキャッシングの金利も10%台で低金利ではないので借り方に注意

キャッシングを利用する時は銀行のカードローンと消費者金融のどちらかを選択して利用する事になりますが、金利を重視する場合は消費者金融より金利が低く設定されている銀行のカードローンを利用するという選択をする人が多いです。銀行のカードローンは低金利と言われているので返済するのも消費者金融より負担が少ないと言われています。しかし低金利という言葉に安心してしまうと返済が大変になってしまう事もあるので注意しなければいけません。

銀行のカードローンの上限金利は14~15%の間に設定されていて消費者金融の18%より大幅に低いので低金利と言われています。しかし冷静に考えてみると10%台の金利というのはどちらかと言えば高い金利設定と言えます。そのため銀行のカードローンを利用する時でも多額の借り入れをしたり長期に渡る返済をしてしまうとそれなりに利息が加算されてしまうので返済が大変になってしまいます。返済が大変なると延滞してしまう可能性もあるので注意して借り入れをしましょう。