消費者金融の様々な申し込みについて

消費者金融のキャッシング及びカードローンを利用する為には申し込み、審査、融資という流れになっています。申し込みは様々な方法がありますが、それぞれの特徴を踏まえて、一番利用しやすい方法で申し込みを行いましょう。現在ではパソコンやスマートフォンを利用してインターネット経由で申し込む方が多いようです。この申し込み方のメリットとしては、24時間いつでもどこでも申し込みが可能なので、自分の生活のペースを乱さずにキャッシングやカードローンを申し込むことができるということです。

また必要な書類等は、メールやアプリを利用して提出することができるのも便利なポイントの一つではないでしょうか。また根強い人気がある申し込み方法としては、無人契約機を利用した申し込み方法があります。無人契約機を利用するメリットとしては、カード等の発行もその場で行うことができるので、すぐに利用することが可能になる点です。インターネットからカードローンを申し込んだ場合は、郵送されて来るまでに時間が必要になるので、急いでカードが欲しい方にとっては、ベストな申し込み方法では無いでしょうか。どちらの方法でも即日融資は可能ですが、申し込みのタイミングによっては翌日になる場合もあるので、注意して申し込んでください。

比較的通りやすい事が多い中小規模の会社

消費者金融で借りる時には、必ず様々な確認は行われます。金融会社が申込者の所得などを総合的に確認した上で、問題無いと判定が下されると、入金される流れです。

しかし賃金業者による審査は、それぞれ違いもあります。基準が比較的厳しい会社もあれば、そうでない所もある訳です。そして、実はそれは金融会社の規模と大きな関係があります。

そもそも金融会社には、様々な規模があるでしょう。中小規模や大企業など、様々なタイプがある事は間違いありません。それで借りようと考える方々は、しばしば前者に着目しているわけです。

というのも中小規模の賃金業者の場合は、大企業と比べると、比較的柔軟に確認を行う傾向があります。大企業よりも通りやすい訳です。多少件数が多めでも、比較的簡単に通っている事例もあります。したがってなかなか通らない時などは、ちょっと中小規模の賃金業者に着目してみるのも一法でしょう。ただし本人書類などは複数求められる事が多いですから、事前に確認しておくと良いです。

消費者金融は即日でお金を貸してくれる

最近の消費者金融は即日でお金を貸してもらうことが可能になっています。昔はそれが売りの一つであったわけですが、今では当たり前のサービスになっているといっても過言ではないでしょう。さすがにかなり競争が厳しい業界ですから、多くの場合、即日が当たり前のサービスになっているのです。

そうした意味では非常にお勧め出来る資金の調達方法であるといえます。あくまで借金ではありますがそれでも資金源として期待できるのは確かでしょう。しかし、あくまで借りる時には必要になってくる書類が多くあります。その場合、即日とは出来ないことが多くありますから、注意しておきましょう。

それこそが重要なことになりますから、まずは覚えておきましょう。まず、確実に必要になってくるのがなんといっても身分証になります。出来れば運転免許証がよいでしょう。これだけでも十分ではあるのですが更に住民票などがありますと非常に助かることがあるでしょう。

とにかく、自分のことを証明する必要がありますから、なかなか面倒ではあるのです。後は公共料金の支払い票などもよいでしょう。これで住所を証明することができるからです。加えて、念のため、源泉徴収票ももって行きましょう。

人気の消費者金融5社の金利と融資限度額の比較

現在日本にある大手消費者金融の多くは有名銀行の系列会社となっているので、利用の際に安心感がありますし、低金利かつ高融資限度額での契約も可能となっています。日本で最も有名かつ人気のある消費者金融であるアコム・プロミス・アイフル・モビット・ノーローンの金利と融資限度額について比較をしていきましょう。

・アコム

アコムのカードローンは、実質年率は3.0%?18.0%で最高融資額は800万円となっています。

・プロミス

プロミスのフリーキャッシングは、実質年率が4.5%?17.8%で最高融資額は500万円となっています。

・アイフル

アイフルのキャッシングローンは、実質年率が4.5%?18.0%で最高融資額は500万となっています。

・モビット

モビットカードは、実質年率が3.0%?18.0%で最高融資額は800万円となっています。

・ノーローン

ノーローンのキャッシングは、実質年率が4.9%?18.0%で最高融資額は300万円となっています。

各社の違いをよく理解して、賢くキャッシングをしたいですね。