人気の消費者金融5社の金利と融資限度額の比較

現在日本にある大手消費者金融の多くは有名銀行の系列会社となっているので、利用の際に安心感がありますし、低金利かつ高融資限度額での契約も可能となっています。日本で最も有名かつ人気のある消費者金融であるアコム・プロミス・アイフル・モビット・ノーローンの金利と融資限度額について比較をしていきましょう。

・アコム

アコムのカードローンは、実質年率は3.0%?18.0%で最高融資額は800万円となっています。

・プロミス

プロミスのフリーキャッシングは、実質年率が4.5%?17.8%で最高融資額は500万円となっています。

・アイフル

アイフルのキャッシングローンは、実質年率が4.5%?18.0%で最高融資額は500万となっています。

・モビット

モビットカードは、実質年率が3.0%?18.0%で最高融資額は800万円となっています。

・ノーローン

ノーローンのキャッシングは、実質年率が4.9%?18.0%で最高融資額は300万円となっています。

各社の違いをよく理解して、賢くキャッシングをしたいですね。

イメージとは違うこともあるキャッシングの金利

消費者金融のキャッシングは便利だが利息が高い、というイメージを持っている人は多いでしょう。一方で銀行のカードローンなら低金利で安心、と感じている人も多いはずです。これは確かにその通りと言える部分もあるのですが、グレーゾーン金利が違法とされる現在では、銀行のカードローンも消費者金融のキャッシングもそれほど変わらないサービスになりつつあります。消費者金融も今は利息制限法の範囲内で金利を設定していますので、一概に高いとは言えません。銀行は相対的に消費者金融より低金利ですが、中には利息制限法の上限に近い金利を設定しているところもありますので、イメージだけで選んでしまうのは早計です。

消費者金融と銀行は、個人向け融資サービスに関してはいわばライバル関係にあります。金利やイメージでは銀行に軍配が上がるものの、即日融資や無金利キャンペーンなどのサービスは消費者金融のほうが一歩も二歩もリードしています。両方のカードを持っておいて、用途によって使い分けている賢明な人も多くいます。